歯鏡と白い歯

天然歯と同じ色

審美歯科で使われる治療法

歯科医院では、近年審美歯科が注目されています。これは、歯の見た目の美しさと機能性にこだわった治療法のことです。たとえば、審美歯科では、虫歯の詰め物として「ハイブリッドインレー」というものが使用されます。虫歯の詰め物としては、金や銀の詰め物が一般的です。しかし、ハイブリッドインレーでつめることで、天然の歯と同じ色あいに仕上がります。その結果、外部から虫歯が目立たなくなります。 その他にも、審美歯科ではジルコニアクラウンで前歯の治療を行います。前歯の虫歯の治療で使われることで、見た目も天然の歯のように自然に見えます。 基本的に、審美歯科は保険適用外の治療になります。ですが、非常に高度な技術を受けられるので、歯の見た目を維持するために最適といえます。

歯の見た目を美しくする時の注意点

審美歯科で治療を受ける時には、1つだけ注意点があります。それは、自分が受ける施術を医師に判断させるのではなく、自分自身で決めることです。審美歯科というのは、施術の選択肢が非常に幅広いことが特徴です。よって、悪質な審美歯科ではわざと高い自己負担の治療を勧めてくるケースもあります。そのようなことを防ぐ為に、自分でなるべく審美歯科の治療方法について調べる必要があります。調べてから、ある程度自分の希望の施術方法を固めておくことが大事です。 医師が相手だと意見を言えない場合も多いですが、良心的な医師なら親身に話しに応じてくれます。なので、医師に流されずに、自分の希望、費用などしっかりと伝えることが大事です。